磯竿は何号がおすすめ?

久しぶりの釣行なので
気合が入ります。
朝から夕方まで釣る予定です。

この日は風の予報が
北西6mと強かったので、

第1希望のクレ崎は諦めて、

白崎へ。
入り口の巨流木は
健在でした。

今はヒジキの収穫時期ですね。

磯に到着すると
クレ崎周辺よりはましやけど、
強風です。

風でちょっと釣り難いけれども
大物に期待を込めて、
西向きの深場で釣ります。

大潮なので
潮の動きを期待しましたが、

潮ハウゴカズ、

釣れるのは小物ばかりで
竿の実力は如何ほどか分かりません。

木っ葉グレと、

オジサン、

ここで少し手応えのある
イシガキダイ、

胴調子の竿が
綺麗にしなりました。
なかなかええ感じです。

続いて
また少し手応えのある
サンノジ、

強風で
糸が「キーーーン」と啼き、
やっぱり磯は楽しい。

でも、
もっと大物で竿の実力を
試してみたいぜ!

で、
来たのが!

外道やけれども、

50cmくらいの
アオブダイ。

強風で糸が啼きまくり、
竿は綺麗に胴からしなり、
穂先は海面に突き刺さる!

ハリスは3号を使っていました。

一旦、
海底に張り付いて
動かなくなったけれども、

竿をしならせた状態で
暫く待つと、
徐々に浮いて来ました。

1.2号でこのサイズは
問題なく取り込むことが
出来ました。

後で教えてもらいましたが、
アオブダイではなくて
ヒブダイでした。
知らんかった、
沖縄では高級魚ですねー

美味しいんやったら
引きは強烈で楽しいし、
また釣りたいな・・・

この後は
もっとデカイのを
獲りたくて粘りましたが、
その後何もヒットせず
終わりました。

ここで今回の釣行は終わる予定でした・・・

2 Comments

  1. ヒロ

    アオブダイじゃなくてヒブダイですよ~。
    これはアオッタと違って美味しいですよ。

    • udonokun

      ご指摘ありがとうございます。
      これがヒブダイやったんですねー
      次はキープして食べますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2020 nature2016

Theme by Anders NorenUp ↑